ポケットティッシュを激安で購入する方法

ポケットティッシュは販促品の中でもコストが安いので、より多くの量を顧客に配布する事が出来るなどのメリットがあります。パンフレットをビニール袋の中に入れて、その中にティッシュを入れて配布すると、パンフレットだけでは受け取らない人でも、ティッシュペーパーがある事が分かると受け取ってくれるなどのメリットがあります。最近は、通販店で激安価格のティッシュペーパーやウェットティッシュを販売しているお店もありますが、購入する時にはお店毎の価格の比較、名入れによるコストの比較をしておく事が大切です。価格が安いものは、ティッシュが無地になっているもの、枚数としては6枚などで、予算の中で収まりやすくなります。尚、広告をどのように掲載するのかが販促効果に影響を与えるので、通販店のサンプルなどを参考にして考えておくと良いでしょう。

通販サイトを幾つか選んで価格を比較しましょう

激安のポケットティッシュは工数を掛けずにスタンダードな製品が多いのが特徴です。例えば、ティッシュに柄を入れると工数が掛かりますが、無地の状態であれば工数を削減する事が可能になるため、価格を抑えて提供が出来ます。ティッシュの枚数を10枚から6枚に減らす事で全体のコストを抑える事が出来ますし、外側のビニール袋も透明のものをそのまま利用すれば印刷などの工数が掛からないので安い金額で提供が出来るなどのメリットがあります。しかし、販売している通販店により価格が様々であり、幾つかの通販店での販売価格を比較する事が仕入れ価格を抑える効果にも繋がります。ちなみに、1,000個で1個当たりの単価が3円30銭のお店と3円20銭のお店がある場合、その差額としては10銭になりますが、単価は仕入れ数が多くなる事で安くなるのが特徴です。

大量注文をすれば1個当たりの単価が安くなります

激安価格でポケットティッシュを仕入れる場合は、通販店を幾つか選んで値段の比較をする事が大切です。さらに、1,000個よりも5,000個、1万個よりも5万個などのように発注数量が多くなればなるほど、1個当たりの単価が下がる事になります。ポケットティッシュは中に広告チラシを入れるタイプと外側のポケットにカード型の広告チラシを入れるタイプなどがありますが、中に広告を入れた場合は、広告の有効期限が記載してある場合には期限内にすべてのティッシュペーパーを配布しなければなりません。しかし、カード型の広告チラシを入れるタイプを選んでおけば、有効期限に関係なく使い回せるなどのメリットがありますし、イベント毎に使いたいのであれば大量発注をしておけば、トータルコストが安くなるなどのメリットも出て来ます。

当社では、お客様のご要望に合わせて、格安でスピーディーにご提供しており、様々なデザイン、また大量な発注にも対応しております。 当社では、販促などに効果的な高品質のポケットティッシュを格安で制作しており、素早い対応を心掛けています。 無地のポケットティッシュが、1000個から20万個の大量注文により、税込総額3564円から53万5680円の料金を実現しました。 大量ロット大歓迎の激安ポケットティッシュ制作